スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
第12話あらすじ
 宇崎愛子(石原さとみ)の父・賢太郎(時任三郎)は、三浦誠二(田口淳之介)の父・誠造(大和田伸也)に、愛子と三浦の結婚を許してほしいと頼み込むが聞き入れてもらえない。その頃、愛子は、犬飼美奈子(和久井映見)に渡された亡き母・陽子からの手紙を、読み進めることができずにいた。すると、そこへ賢太郎が帰ってきて、三浦を追って静岡へ行こうと愛子に声をかける。愛子が結婚して自分がひとりになるよりも、愛子が寂しそうにしているのを見るほうが辛いと言うのだ。「幸せになってくれ」と、賢太郎は愛子を見つめて力強く言う。

 静岡の三浦家にやってきた愛子と賢太郎は、三浦が見合い結婚をして店を継ぐと誠造に話しているのを聞いてしまう。もはやどうすることもできないまま、愛子たちは帰途に着く。



 数日後、久しぶりに会社にやってきた三浦は、実家を継ぐために会社を辞めると周囲に報告する。しかし、鳴海駿一(小泉孝太郎)と出かけていた愛子には、会うことができない。三浦はその足で美奈子のカフェにやってくると、そこで、賢太郎から誠造の手術成功を祈念したお守りを託される。三浦の脳裏には、さまざまな思いが交錯する。

 誠造の手術の日、三浦が病院にいると、愛子と賢太郎がやってくる。どこか様子のおかしい三浦は、賢太郎に聞かれると、不安な気持ちを吐露し始める。自分が別の女性と見合い結婚をすれば、店は救えるかもしれないが、誠造のように守っていける自信がなく、どうすればいいのか迷っていると言う。それを聞いた賢太郎は、「君の一番大切なものはなんだ?」と問いかける。しばらく考えたあと三浦は、「父に、無事でいてほしいです」と力強く答える。それを聞いた賢太郎は、家族の命に比べたら、どんなことも大した問題ではないのだから、きっと乗り越えられると三浦を激励。すると、そこへ誠造と三浦の母・房江(田島令子)が現れる。賢太郎と息子のやりとりを見ていた誠造は、賢太郎に向き直ると、三浦を愛子と結婚させてやってほしいと頼む。賢太郎の三浦への愛情の深さを知り、心を動かされたのだ。そんな誠造の気持ちが嬉しくて、愛子も三浦も胸がいっぱいになる。そして、誠造の手術は無事、成功する。

 後日、愛子と賢太郎は、カフェで美奈子に一連の報告をしていた。すると、愛子は決心したように、母の手紙を見せてほしいと美奈子に頼む。賢太郎の一番大切なものである陽子を自分が奪ったと思い、手紙を読むのが怖かったと言う愛子。しかし、今は、母がどんな思いで自分に手紙を書き残してくれたのかが分かると言い、封筒から手紙を取り出し読み始める。そこには、死を覚悟した陽子の、愛子と賢太郎への深くて大きい感謝と愛情の気持ちが綴られていた。それを読みながら、声を震わせ涙を流す愛子。賢太郎と美奈子も、目頭を熱くする――。






 そして、一年後。愛子と三浦の結婚式が執り行われることに。披露宴には、親族をはじめ、鳴海や槙原環(白石美帆)ら愛子と三浦の会社の人々、賢太郎の同僚が集まり、ふたりを祝福する。そして、式の終わりに、誠造から挨拶を託された賢太郎は、三浦と出会い、職場にも恵まれた愛子は世界で一番幸せな花嫁だと、宣言する。

 後日、愛子と三浦は新婚旅行に旅立つために空港にいた。それを見送る賢太郎は、忘れ物はないかとあれこれ世話を焼く。やがて、出発の時間が近づき、ふたりは賢太郎に別れを告げゲートへと歩いて行く。ふたりでの初めての旅行に、浮かれまくる愛子と三浦。そんなふたりに手を振った賢太郎は、次の瞬間、その手を自分の上着のポケットに入れると、何やら取り出す。パスポートとチケットだ。
何も知らない愛子と三浦は、思い切りの笑顔で歩いて行き――。
スポンサーサイト
【2007/07/03 22:39 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
第10話あらすじ
 宇崎愛子(石原さとみ)は、三浦誠二(田口淳之介)のプロポーズを受け、幸せを噛み締めていた。そんな折、三浦は長年、音信不通だった父親・誠造(大和田伸也)から、愛子と別れて自分が勧める女性と見合いをするように言われる。三浦は、親が勝手に決めたことだと弁明するが、愛子の父・賢太郎(時任三郎)は、親を説得できないうちは愛子との結婚は認めないとキッパリ言う。






 これを聞いた三浦は、何かを決意したようにすぐに帰郷する。三浦を見送った愛子と賢太郎は、そろそろ実家へ着いただろう三浦が気になって仕方ないが、三浦からの連絡を待つことにする。

 ところが翌朝、宇崎家から賢太郎の姿が消えていた。
嫌な予感がした愛子は、三浦に実家の周りを見てもらうように電話をする。すると、案の定、そこに賢太郎が。
仕事のついでに来たというが、ふがいない三浦のことが心配だったのだ。前夜は父親と話せなかった三浦は、賢太郎に急かされ、ついに、父親と向かい合うことに。ところが、誠造は見合い写真を突きつけるだけで、三浦の話を聞こうともしない。そして、食い下がる三浦を一喝すると、店へ出るために車に乗り込もうとする。その様子を見ていた賢太郎は、誠造になぜ、子供の話を聞かないのかと詰め寄るが、誠造は答えない。

 しかし後日、そんな誠造が、三浦ときちんと話をしたいと上京することに。三浦は愛子に、まず自分が話しをしてから、愛子に紹介すると約束。愛子はその日を心待ちにする。

 そして、面会の日、三浦は指定された料亭に誠造を訪ね、愛子と賢太郎は外で状況を見守ることに。ところが1時間近く経っても、三浦は出てこない。心配になったふたりは、思い切って部屋を訪ねる。なんと、仲居に案内された部屋では、三浦と振袖姿の女性(皆藤愛子)との見合いが執り行われていたのだ。これに激怒した賢太郎は、三浦に掴みかかったり、誠造を問い詰めたりと大暴走。見合いは、台無しになる。




 賢太郎の振る舞いに怒った誠造は、賢太郎の人格を否定するような発言をする。これを聞いた愛子は、自分たちの非礼を詫びながらも、自分のことは構わないが、賢太郎のことは悪く言わないでくれと頭を下げる。誠造は、見合いは三浦を思ってのことだったこと、また、ずい分以前から三浦を呉服店の跡取りにと考えていたことを明かす。初めて父親の心内を知った三浦はとまどいを隠せない。と、そのとき、誠造が胸をかきむしりながら倒れこんでしまう。病院に運ばれた誠造は、心臓が悪いことが判明。後日、心臓のバイパス手術を受けることが決まる。




 翌日、誠造の病室を訪ねた賢太郎は、三浦が誠造と話をしたがっているだろうと語りかける。家族だから話さなくても分かり合えるという誠造に、家族だから話すのではと賢太郎。自分は娘の結婚には反対だが、納得いくまで反対したいから愛子や三浦ととことん話していると訴える。そして、三浦はいい青年なので、愛子と結婚しようがしまいが、幸せになってほしいと思っていると気持ちを語る。しかし、そんな言葉も誠造の心には届かないようで…。



 一方、会社では愛子と三浦の婚約が話題となっていた。そんな折、鳴海駿一(小泉孝太郎)の部屋に呼ばれた愛子は、会社がエントリーを考えている企画に鳴海の父親の会社「トパーズ」も、エントリーを予定していることを聞かされる。槙原環(白石美帆)は、父親の会社と権利を争うのは得策ではないと、辞退を示唆するが、愛子に意見を求めた鳴海は、愛子の心の声を聞いたと言い、エントリーを決める。

 その日の夕方、病院にやってきた三浦に誠造は、実家で母・房江(田島令子)を支えながら、呉服店を継いでほしいと話す。父親の気持ちが痛いほどわかる三浦は、それを否定しきれないが、結婚相手を自分で決めることだけは譲れないと主張する。見舞いのために病室を訪ねようとしていた愛子は、そんな三浦の決意を聞き、嬉しい気持ちになる。

 病院からの帰り道、愛子は犬飼美奈子(和久井映見)のカフェに立ち寄る。そこでは賢太郎が美奈子に、愛子が嫁いだ後、ひとりになる自分を想像して不安になっていると明かしていた。入り口に立ち止まったままの愛子は、賢太郎の思いを知り、切なくなる。すると、賢太郎は妻・陽子が生きていてくれたら、と話しはじめる。そして、子供を産める身体ではなかった陽子が出産を決意したときに反対しきれなかった自分は、間違っていたんじゃないかと、悔やむように言うのだ。そんな話を初めて聞いた愛子は、「私を産んだせいで、お母さん、死んじゃったの? お父さんの一番大切な人を、私が」と衝撃を受け、賢太郎が制するのも聞かず、外へ走り出てしまい……。
【2007/06/12 00:39 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
今夜は第10話
今夜は第10話。
ああ~本当に早いですね!
お父さんがギターを身代わりに三浦さんの実家に行きますね♪
今どきギターを身代わりにするなんて・・・
ちょっと楽しみです♪
多分仕事で見れないと思うけれど。。。
ビデオ録画は欠かせません♪
【2007/06/12 00:35 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
金田美香さんが平成教育委員会に出演
日曜の夜の平成教育委員会に金田美香さんがゲスト出演。
大きな目がくりっとしているところが印象的でした。
頑張ってクイズに答えてましたけど
もちろん花パパ出演中なので宣伝もしてました♪

すっかりレギュラー陣と馴染んでましたね。
【2007/06/11 22:40 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
第9話あらすじ
会社を辞めて独立をするという鳴海駿一(小泉孝太郎)に、ついていくと決心した宇崎愛子(石原さとみ)。そこへ契約を断られていたデザイナー・桂木(小市慢太郎)から、鳴海と一緒に仕事がしたいとの嬉しい連絡が入る。

 家では、父・賢太郎(時任三郎)と三浦誠二(田口淳之介)が、心配して愛子の帰宅を待っていた。鳴海についていくという愛子に、賢太郎と三浦は反対するが、愛子は聞く耳をもたない。会社でも、鳴海に愛子が引き抜かれたことが話題になり、鳴海との関係を怪しむ声まで聞こえてくる。

 ところが、鳴海が契約を違反して、デザイナーと直接交渉をしたことが、広告代理店に知られてしまう。鳴海もなす術はなく、契約は白紙に。鳴海は、広告代理店にリークした人物が槙原環(白石美帆)だと分かり追及。責められた環は、会社を飛び出し連絡が取れなくなってしまう。そんななか愛子は、鳴海から独立の話はなかったことにしてくれと言われる。 その夜、宇崎家に三浦が訪ねてくる。三浦は、ポケットから指輪を差し出すと、真剣な表情で愛子にプロポーズをする。すると、そこへ賢太郎が帰ってきて…。

 そんなところへ、犬飼美奈子(和久井映見)から電話が入る。愛子たちが美奈子のカフェに行くと、そこには、酔いつぶれている環がいた。翌朝、愛子は、環から鳴海にあてた手紙を渡される。出社した愛子は、鳴海に手紙を差し出す。封筒のなかには、辞表が入っていた。
【2007/06/06 06:45 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。