スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
時任三郎さんについて
今回は花嫁のパパのパパ役の時任三郎さんですがオフィシャルHPも独自に立ち上げていて改めてその芸歴に驚きと尊敬さえしてしまいます。フアンの方ごめんなさい。まさかこんなにすごい多才な方とは知らなかったです。しかももうすぐ50歳になろうという年齢なのにあのスレンダーな姿。ドラマだとはいえ普通はお嫁にいくお年頃の娘をもつ父親ってオヤジって感じになってなくちゃと思ったけれど時任三郎さんにはそんなオヤジは期待できません。というかなんでパパ役なの?って思っちゃうくらいカッコ良すぎな気がします。

以下に時任三郎さんのHPより拝借した出演作をご案内します。

石原さとみさん以上に大量にかつ多種多様にあったのですがとりあえず連続ドラマだけにします。

本当にベテランはすごいですね。


連続テレビドラマ



  • 1981 「虹色の森」(TBS)/シンガーソングライターの役。挿入歌「川の流れを抱いて眠りたい」がヒット。

  • 1983 「ふぞろいの林檎たち」(TBS)/「三流大学の学生」というレッテルを貼られた若者達の話。時代にマッチした内容で、高視聴率をマークする。/レギュラーキャスト

  • 1983 「青春スクランブル」(NHK)/受験戦争を題材にした作品。落ちこぼれの浪人生が、ボクシングを通じて人生観を変えていくというストーリー。/主役

  • 1984 「愛してよろしいですか」(NHK)/年上の女性に惚れた若者の話。ラブストーリー。/レギュラーキャスト

  • 1984 「私鉄沿線97分署」(ANB)/プレハブ作りの97分署。仮庁舎を舞台に庶民的な話題を中心とした刑事物。/レギュラーキャスト

  • 1985 「ふぞろいの林檎たち 2」(TBS)/「ふぞろいの林檎達」の続編。彼らが就職した後の話。前回を「学生編」とすれば、今回は「社会人編」とも言える。/レギュラーキャスト

  • 1986 「ライスカレー」(CX)/若い二人の男が「ライスカレー屋」を始めるという知人を頼りカナダに渡る。がその知人が行方不明。彼の行方を探すうち、見知らぬ土地に迷い込む。カナダ人との出会いや別れを通じて成長していく若者達を描いた作品。/主演

  • 1987 「あきれた刑事」(NTV)/コメディータッチのアクション系刑事物。/主演

  • 1989 「雨よりも優しく」(TBS)/都会を舞台にしたラブストーリー。/レギュラーキャスト

  • 1990「芸能社会」(TBS)/芸能界の裏側を描いた作品。敏腕マネージャー役。/主演

  • 1990 「日本一のカッ飛び男」(CX)男兄弟二人の話し。性格のまるで違う異母兄弟という設定。/レギュラーキャスト

  • 1991 「ふぞろいの林檎たち 3」(TBS)/シリーズ第三作。結婚、家庭をテーマにした内容。/レギュラーキャスト

  • 1992 「真夏の刑事」(ANB)/人情的な内容が多い刑事物。/主演

  • 1993 「私ってブスだったの?」(TBS)/ある広告代理店のサクセスストーリー。/レギュラーキャスト

  • 1994 「炎立つ」(NHK)/大河ドラマ。弁慶役で出演。

  • 1994 「彼と彼女の事情」(ANB)/元応援団の先輩と後輩の友情物語。/主演

  • 1995 「名古屋お金物語」(NHK)/あるOLのサクセスストーリー。ひょんな事からラーメン屋をやるハメになったOL。そのバックでひそかに協力する男。二人のラブストーリーも含め、ラーメン屋が成功するまでを描く。/レギュラーキャスト

  • 1996 「暴力教師」(NHK)/偶然生徒を階段から突き落としてしまった教師。「暴力教師」のレッテルを貼られた教師の葛藤と再生。教育問題を真正面からとらえた作品。/主演

  • 1997 「名古屋お金物語 2」(NHK)/ある風来坊の男が、ひょんなことから塾経営を始める。回転寿司の機械を使って「回転塾」を始めたところ、思わぬ成功で塾の一大チェーンに成長。教育の理想と現実の間で揺れ動く主人公を軸に、教育界の裏表をコミカルに描く。/主演

  • 1997「ふぞろいの林檎たち4」(TBS)/シリーズ第4作。中年という世代に突入した林檎たちの新たなストーリー。/レギュラーキャスト

  • 2003「Dr.コトー診療所」(CX)/山田貴敏原作のドラマ化。離島医療をテーマに、離島での医師と島民の人間模様を描いた話題作。/レギュラーキャスト

  • 2004「愛し君へ」(CX)/原作・解夏。小児科医役で出演。/レギュラーキャスト

  • 2004 「Dr.コトー診療所 2004」/2003年の連続ドラマの続編。/2時間スペシャル×2本

  • 2004「アイ'ムホーム」(NHK)/事故で5年間の記憶を失った男のストーリー/主役

  • 2005「海猿」(CX)/映画「海猿」の続編。潜水班隊長、下川役で出演。

  • 2006「Dr.コトー診療所 2006」/原剛利役


スポンサーサイト
【2007/04/14 01:08 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<田口 淳之介さんについて | ホーム | 門限>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanayomedorama.blog99.fc2.com/tb.php/12-c6a0f496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。