FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
第6話あらすじ
前回酔って動けなくなった宇崎愛子(石原さとみ)を、鳴海駿一(小泉孝太郎)がおぶって帰宅。その信じられない事態に、宇崎賢太郎(時任三郎)も三浦誠二(田口淳之介)も驚くが、鳴海は平然とした様子で事情を説明し帰ろうとする。賢太郎は、愛子が迷惑をかけたことを鳴海に詫びるが、愛子が未熟なのは賢太郎が子供扱いしすぎるからではないかと、逆に指摘される。

 翌朝、二日酔いで頭痛のひどい愛子が、今後は仕事の付き合いで遅くなることもあると賢太郎に説明すると、賢太郎はあっさり納得。怒られると予想していた愛子は、拍子抜け。しかも賢太郎の様子もおかしい。

 その後、出勤途中で三浦に会った愛子は、三浦が母親に愛子のことを報告したと聞き大喜び。愛子が会社に着くと、携帯電話に賢太郎から着信が。「愛子さん」と、他人行儀に話す父親を不審に思うと、賢太郎は「今日限り、俺は、子離れをする!」と宣言し一方的に電話を切ってしまう。愛子と三浦はびっくり。。

 その夜、宇崎家では、愛子、賢太郎、三浦が夕食をとるが、賢太郎は無理やり自室のちゃぶ台で食べる。子離れしたからには、距離を取らないとと賢太郎は理由を説明するが、明らかに無理をしているのがわかり、愛子はあきれる。その後、三浦を家の外まで送った愛子は、三浦の表情が暗いことに気づき、賢太郎の態度が気に障ったのかと尋ねる。三浦は、母親が口うるさいからとだけ言うが、どこか様子がおかしい。

 翌日、会社の電話に愛子あてに、三浦の母親・房江(田島令子)から電話がかかってくる。仕事で東京に出て来ているから、三浦に内緒で愛子に会いたいと言うのだ。早速、ふたりはホテルのロビーで待ち合わせる。高価そうな和服を着こなした房江に愛子は緊張するが、わざわざ自分に会いに来てくれたことが嬉しい。ところが、房江は、息子は愛子とは結婚できないのだと言い…。挙句の果てには愛子に「和服は似合わない」等と冷たく言い放つ。あくまでも三浦本人の意思を考えず一方的に自分達の跡取りに決めている房江に愛子は絶句。

 その夜帰宅した愛子は賢太郎に相談しようとするが賢太郎は拒否。自分は愛子に干渉しないと言い切って美奈子の店に逃げ込む賢太郎。美奈子は賢太郎に説教する。

 翌朝三浦は愛子に母親に会って愛子のことを伝えると言い愛子も希望をもつ。会社ではまた忙しくなるが鳴海のアシスタントとして愛子は先輩の槙原にいびられつつも忙しく働く。

 その夜三浦が宇崎家に来た時に愛子に思わず嘘の報告をしてしまう。愛子は三浦の嘘に気がつき自分が前日に房江に会ったことを知らせる。三浦は驚きつつも自分の親に対して全く思いやりがない。挙句の果てには三浦は親はいいから自分達さえよければいいと今までと全く違って大声を張り上げる。驚きつつも三浦の剣幕に愛子はなすすべもなく「帰って」と言うしかなかった。

スポンサーサイト
【2007/05/15 23:18 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今日は第7話 | ホーム | 小川智子さんについて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanayomedorama.blog99.fc2.com/tb.php/31-7856888c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。