スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
第9話あらすじ
会社を辞めて独立をするという鳴海駿一(小泉孝太郎)に、ついていくと決心した宇崎愛子(石原さとみ)。そこへ契約を断られていたデザイナー・桂木(小市慢太郎)から、鳴海と一緒に仕事がしたいとの嬉しい連絡が入る。

 家では、父・賢太郎(時任三郎)と三浦誠二(田口淳之介)が、心配して愛子の帰宅を待っていた。鳴海についていくという愛子に、賢太郎と三浦は反対するが、愛子は聞く耳をもたない。会社でも、鳴海に愛子が引き抜かれたことが話題になり、鳴海との関係を怪しむ声まで聞こえてくる。

 ところが、鳴海が契約を違反して、デザイナーと直接交渉をしたことが、広告代理店に知られてしまう。鳴海もなす術はなく、契約は白紙に。鳴海は、広告代理店にリークした人物が槙原環(白石美帆)だと分かり追及。責められた環は、会社を飛び出し連絡が取れなくなってしまう。そんななか愛子は、鳴海から独立の話はなかったことにしてくれと言われる。 その夜、宇崎家に三浦が訪ねてくる。三浦は、ポケットから指輪を差し出すと、真剣な表情で愛子にプロポーズをする。すると、そこへ賢太郎が帰ってきて…。

 そんなところへ、犬飼美奈子(和久井映見)から電話が入る。愛子たちが美奈子のカフェに行くと、そこには、酔いつぶれている環がいた。翌朝、愛子は、環から鳴海にあてた手紙を渡される。出社した愛子は、鳴海に手紙を差し出す。封筒のなかには、辞表が入っていた。
スポンサーサイト
【2007/06/06 06:45 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<金田美香さんが平成教育委員会に出演 | ホーム | めざましで>>
コメント
おはようございます!
昨夜の放送を見ていて思ったのですが、1人前になるのは大変ですよね。
【2007/06/06 08:45】| URL | 五行歌 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hanayomedorama.blog99.fc2.com/tb.php/44-bd85a85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。